ダイエットにも効果があるの?乳酸菌革命の成分と気になる口コミについて

MENU

腸内環境が大切な理由

 

健康意識の高い人が増えた昨今では、「腸内環境が良い・悪い」または「善玉菌」「悪玉菌」などといった言葉をよく耳にします。
しかし、悪玉菌が多いと腸内環境が悪くなる、ということはわかっていても、実際にはそれがどのような影響を及ぼすかというと便秘ぐらいかな、と思っている人が多いのではないでしょうか。

 

人の腸の中には善玉菌と悪玉菌が混在し、お互いがせめぎ合っています。
というのは、腸内に存在できる菌の数には限界があるため、両者ともに自分たちの陣地を拡大しようと攻防しているのです。

 

もし、悪玉菌が増えると腸内ではアンモニアやフェノールといった有害物質が発生し、これらは腸管から体内に吸収され体中に駆け巡ります。
その影響は肌荒れとして表れると共に、体内の免疫力を低下させます。

 

また、これらの有害物質は肝臓や腎臓の機能により浄化されるため、有害物質が多い状態が続くと肝臓や腎臓への負荷が大きくなり、将来的には肝臓や腎臓の病気にかかりやすくなります。

 

肝臓や腎臓は血液の浄化とも密接な関係にあるため、腸内環境の悪化は結果として血液の質の低下を招き、恐ろしい生活習慣病の可能性をも高めるのです。

 

このように腸内環境の悪化は想像以上に恐ろしいものなのですが、乳酸菌革命はその原因ともいえる悪玉菌を撃退し善玉菌を増やす働きのある乳酸菌から作られたサプリメントです。

 

 

乳酸菌といえばヨーグルトや乳酸菌ドリンクなどが体に良いされる古くから有名な物質ですが、そのイメージからか乳酸菌革命は便秘解消やダイエット効果を目的として飲んだという口コミが多く、もちろんそれらの効果を期待することができるのですが、腸内環境の改善、ないしは体の健康というもう一つ大きな観点から見てみても、乳酸菌革命は明るい未来を期待することができるサプリメントなのです。

乳酸菌革命がなぜすごいのか

乳酸菌には色々な種類があり、生きて腸に届くものと腸に届く過程で死滅してしまうものと様々なのですが、乳酸菌革命にはラクトバチルスアシドフィルス、ラクトバチルスブルガリクスなど話題の乳酸菌に加えて、ビフィズス菌、ラブレ菌、ガセリ菌といった3大乳酸菌も配合しています。

 

これらの乳酸菌は強い生命力を持っているため生きて腸まで届き、善玉菌を増やす役割を果たします。

 

また、ラブレ菌はビフィズス菌を増やす効果があり、ガセリ菌は日本由来で日本人の体質に合っている乳酸菌なのでこれらを同時に摂取することのできる乳酸菌革命はとても効率的です。

 

 

多くの乳酸菌は腸に届くまでに胃酸や胆汁のにより死滅してしまうため、乳酸菌革命では酸やアルカリに耐性を持つ特殊素材のカプセルで包んでおり、より効率的に腸まで運ばれるよう作られています。

 

乳酸菌革命の口コミでもカプセルで飲みやすいという評価も高く、体への効果だけではなく、飲みやすさが重要視されるサプリメントにおいて重要な利点となっています。

 

また、口コミで評判なのはやはりその結果です。
飲み始めの頃はあまり変化を感じないという口コミが多いのですが、1袋飲み終える頃にはお肌がツヤツヤになってきた、風邪をひきづらくなったという口コミが目立ちます。

 

腸内環境を整えるサプリメントなので何かの治療薬のような即効性はありませんが、着々と腸内では悪玉菌が減り善玉菌が増えており、数週間後に結果として現れ、まさに乳酸菌のチカラを感じることができるのです。

 

乳酸菌革命の口コミには花粉症が良くなった気がするというものも目立つのですが、実はこれは理にかなっていて、乳酸菌にはアトピーや花粉症などのアレルギーを抑える働きがあるのではないかと最近の研究で発表されています。

 

このように乳酸菌革命は便秘、ダイエット、アレルギーなど嬉しい効果が満載です。